© 2023 by Gracious Dwelling. Proudly created with Wix.com

  |   www.globe-architects.com   GLOBE ARCHITECTS  |  

  • Facebook Black Round
  • Instagram - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle
  • globe-architects

2月号【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス】レター🌿


久しぶりにうっすら積雪した軽井沢南ヶ丘パッシブハウス(2020年2月18日朝)




軽井沢南ヶ丘パッシブハウス・森のカフェ🌿に来てくださった皆様

パッシブハウスにご興味を持ってくださった皆様



こんにちは。GLOBE ARCHITECTSの菊地宏子です。


ここ最近は晴天続き。日中はほぼ暖房要らずの日々が続いている軽井沢です。

本来2月といえば寒さも本番。日中晴れていても雪がハラハラと舞い大変美しい雪景色が広がるはず。でも今年は、雪ではなく雨が降ってしまうんですよね。地元に30年以上暮らしている方も、「2月に雨が降るなんて~~!初めてのこと。」とおっしゃいます。実は、一昨日の晩も久しぶりに夜間にうっすらと積雪があり、翌朝起きて綺麗だわ。と思っていたのもつかの間、日中の日差しで午前中にはさっさと雪は融けてなくなってしまいました~。雪景色が大好きなので、あ~悲しい。。


今回のエッセイは、そんな暖かい冬の軽井沢でどれくらい太陽の恩恵があるかについてお話ししたいと思います。


2020年2月のレター🌿もぜひ最後までお付き合いくださいね。



***


【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス】レター2月号CONTENTS◆


🌿パッシブハウスエッセイ~~冬の太陽の恩恵とは~~

🌿軽井沢南ヶ丘パッシブハウスの見学会&個別相談会・森のカフェ🌿インフォメーション

🌿軽井沢南ヶ丘パッシブハウス内に、軽井沢アトリエ開設しました!

🌿森のカフェ🍃のひょっこりはん🌿(森のカフェ・マスタータカによる情報コーナーです。)


***



🌿パッシブハウスエッセイ~~冬の太陽の恩恵とは~~


晴天時には雲ひとつない青空が広がります。



冒頭から、この冬は暖かいとお話ししましたが、先月も同じようなお話をしていたように思います。(汗)


とはいえ朝方は一日でも一番外気温度が下がり、


2020年2月18日

早朝 7:30 外気温度 -2.9℃(今日の最低気温)

日中13:30 外気温度 +2.4℃(今日の最高気温)


最低気温は6日ぶりの-温度だったので、雪が降ったのでしょうね~。

えっ、、6日ぶり??そうです、この5日間は最低気温はずっと+だったということになりますからやっぱり暖かい。あと、面白いのが最高気温の時間です。午後13:30を境に、温度は下降していきます。まだ日がさんさんと降り注いでいるのに気温は下がり始めるんですよね。不思議ですよね?


そしてこのような軽井沢の冬で、太陽からの恩恵はどのようなものなのでしょうか。

いつもお話ししているように、ここ軽井沢南ヶ丘パッシブハウスの場合です。


1月と重複してしまう情報ですが、おさらいしておきます。


(朝)針葉樹30㎝を6~8本くらいを燃やして、夜間(無暖房)で下がった室温を上げます。(大体17~18℃を20℃に)

(日中)無暖房

(夕方-夜)20時頃まで針葉樹30㎝を6~8本くらい。夕方から少し寒くなり始めたら温度キープのために燃やします。


↑これは、太陽が出ていて日中無暖房のパターン。窓からの日射取得によって室内が暖められた結果、日中は無暖房でも外気温が低くても室内温度を維持できると言う訳です。ただし雨や雪、曇天の時には日中も薪ストーブの出番はやってきますが、長野県は冬の晴天率が本当に高いのでありがたいのです。サステナブルな太陽エネルギーのパワーって本当にすごいのです。


そうそう、晴天時に日中無暖房で暖かいのは、日射取得型のトリプルガラス(ガス入り)+断熱性能が極めて高いサッシを正しい位置と角度に取り付けているパッシブハウスであることが条件なのは言うまでもありませんよね。


そして、太陽の活躍の場は他にもあります。そうです、太陽熱温水器です。


軽井沢南ヶ丘パッシブハウスの屋根には、太陽熱の集熱パネルが設置(約2m×2m=4㎡)しています。(1枚目の写真の屋根に乗っている小さいパネルです!)太陽光パネルに比べて大変小さなパネルですよね~。こんなサイズで本当に熱が集まりお湯が沸くのでしょうか??


太陽熱温水器の表示パネルを確認して見ましょう。↓↓↓



2020年2月18日 pm6:21の太陽熱温水器の表示パネル



答え)はい、沸きます!!


18日夕方の太陽熱温水器のパネルを撮影しました。

タンク内の 温度は33℃ です。この時点の外気温度は −1.5℃。日中の最高気温も +2.4℃ なのにお湯が沸いているのです。本当に不思議なのですが、、、太陽光が地上(正確には屋根ですが)にもたらすエネルギー(光・熱)はとても大きいことがわかります。


我が家のお風呂の給湯温度は 39℃。残念ながら、そのまま入ることは無理なので化石燃料であるLPガスを使用して加熱して使用することになります。いや、本当に残念ですが、、、。しかし、もし太陽熱パネルがなかったら・・・・??地中を流れる真水の温度を39℃まで加熱する必要があります。この時期キッチンで蛇口をひねると手が凍りつくほど冷たいことを考えると、水温はおそらく5℃以下でしょうね~。仮に5℃から39℃まで加熱する場合にはその温度差は34℃ということになります。温水パネルによる熱で暖められたタンクの水33℃から39℃まで加熱する場合にはその温度差は6℃。その差は、5倍以上になるのがお分かりになると思います。


(ちなみに39℃の給湯の場合は、実際にはもう少し高めの温度まで加熱していますが、わかりやすい例えとしています。)


いかがでしたか?


寒いと言われる冬の軽井沢。太陽熱パネルでお湯が沸くのか??私も半信半疑だったのですが、これまで十数年に渡り軽井沢を訪れた経験の中で、冬の太陽の暖かさは体感していましたし、きっと冬でもものすごいエネルギーが地上に届いているのでは。と考えて、太陽熱集熱パネルを屋根設置しましたが正解だったようです。ちなみに、このタンクのお湯は夏季であれば 70℃にもなることもしばしば。タンク容量は200リットルですから約2回分の湯量がほぼ毎日蓄えられます。こんな太陽エネルギーを使わないのはもったいない!


我が家の場合、森のカフェを営業する際に調理にガスコンロを使用する必要があったことで、給湯の補助にLPガスを採用しました。本来であれば、このLPガスを使用しない方法での給湯(例えば、太陽光により発電→電気を活用したヒートポンプ式の給湯システムで給湯)が望ましいと思います。森の中でない陽当たりが抜群の敷地であればとても有効な手法だと思います。日々の生活での給湯エネルギーは、特に日本人の場合にはお風呂文化もあるため大変大きなものになりますからね。


パッシブハウスと一口に言っても、エネルギーをどのような形で取り入れるか、また設備機器の選定など様々な選択肢があります。住まい手の暮らし方を理解した上で敷地の特徴と周辺環境を良く観察して正しいパッシブハウス設計を行う必要があります。何と言っても、自由になるのは建築設計だけなのですからね。


***


🌿軽井沢南ヶ丘パッシブハウスの見学会&個別相談会・森のカフェ🌿イベント情報など


【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス見学会&個別相談会のご案内】


開催日時:2020年3月28日(土) 16:00~17:30 受付中

     2020年3月29日(日) 10:00~11:30 受付中 *この日は日曜日の午前中です!


開催場所:軽井沢南ヶ丘パッシブハウス

1組あたりのお時間は90分で予定しています。

基本的には毎月2回 土曜日の夕方16時から開催する予定です。


▽内容

・軽井沢南ヶ丘パッシブハウス内部と外部の見学と説明

・パッシブハウスの概要説明

・必要があれば個別のご相談など(なんでも聞いてください。)

一般の方向けの個別相談会です。形式にこだわらずにラフに行う予定ですので、

ご興味をお持ちの方はぜひお気軽にお申込みくださいね。


▽お申込み方法

このアドレスにご連絡ください。こちらからの返信をもちましてご予約確定とさせて頂きます。興味があるだけで、パッシブハウスを建てる予定がない方でもOKです。お気軽にお申し込みください。


▼パッシブハウスを建設希望の方の設計ご依頼について

パッシブハウスを建設予定の方で設計のご依頼やご相談などございましたら、別途日程の調整にて見学することももちろん可能です。どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ~。


***


🌿軽井沢南ヶ丘パッシブハウス内に、軽井沢アトリエ開設しました!


昨年9月より、軽井沢での業務をスムーズに行う目的で軽井沢アトリエを開設いたしました。


GLOBE ARCHITECTS| 有限会社グローブ二級建築士事務所

軽井沢アトリエ 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1052-662

        TEL:0267-46-8784 / 080-4008-8601


今後は、パッシブハウス建築設計とコンサルティングのお仕事は軽井沢アトリエを中心に行い、東京は、代官山オフィスとして、デザインのお仕事やその他のお仕事の拠点としていく予定です。


お近くにお越しの際は、ぜひご一報くださいね。


***


🌿森のカフェ🍃のひょっこりはん🌿NEW!森のカフェ・マスタータカによるコーナーです。


森のカフェ・マスターのタカです。


2月のこの時期、森のカフェは一番寒い季節のはずですが、今年はちょっと異常な感じです。2月前半で最高気温が10度を超えた日が5日もありました。17度になった日もありましたよ。昨年はどうだったのか調べてみたら10度越えは1回だけでした。日陰の雪もほとんど溶けてしまっています。そして雪ではなく雨降りの日が多かったこと。長く軽井沢にお住まいの方からお聞きしましたが、大寒の時期に雪ではなく雨が降るのは記憶にないとのことでした。温暖化は確実に普段の生活に影響してきていますね。


地元産の野菜やフルーツが少なくなってきたこともあって、森のカフェは2~3月冬季お休みをいただくことに致しました。ただ、セミナーやワークショップなどでの貸切営業は行っています。先日は建築家の方の勉強会にご利用いただきました。パッシブハウスを体感しながら、温熱環境の様々な事象を研究されていました。熱のこもった議論が交わされて、少し室温もアップしたようです。(笑)


さて森のカフェのコーヒーは美味しいとお客さまからお声をかけていただいています。深煎りでコクがありながら苦味がおさえてられているのが特徴です。この休業期間中に地元のロースターさんと色々打ち合わせしながら、さらに香りに特徴を出したいと奮闘中です。4月には森のカフェ🌿オリジナルブレンドを完成させたいと思っていますので楽しみにしてくださいませ。


森のカフェは、高性能住宅「パッシブハウス」を気軽に体感していただけるカフェですので、ぜひお気軽に来てください。


森のカフェで開催された勉強会。軽井沢南ヶ丘パッシブハウスの前で記念撮影。



🌿森のカフェ 軽井沢南ヶ丘🌿営業案内


2月,3月は冬季休業しております。営業再開は4月を予定しております。

詳しくは下記のHPおよびFacebookページをご覧くださいませ。


https://www.karuizawacafe.com

https://www.facebook.com/morinocafe.karuizawa/?ref=bookmarks


***


最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。



大好評(多分ですが。。(笑))につき今月も軽井沢南ヶ丘パッシブハウスの森に暮らすりっぴー君(ちゃん?)です。庭の木の枝にかけた餌台に毎朝毎朝通ってくれる姿にいつも癒されますね~~❤︎


実はこの樹木は高さが10m以上。パッシブハウスが建つまでのかなりの間、庭全体が雑木林になっていました。そのためか下の方の枝は枯れてこのように短い”枝”状態になってしまっていますが、りっぴーはこの枝がとてもお気に入りのようで、餌をとってはこの枝に乗ってもぐもぐしています。本当に可愛いいのです。


さて、今月は今年着工のパッシブハウスの基本設計、カフェのリノベ案件もあり少し慌ただしくなってきましたがしっかり体調管理に努めたいと思います。皆様もどうぞ十分にお気をつけくださいませ。


https://www.globe-architects.com


27回の閲覧