• globe-architects

4月号【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス】レター🌿




湯川ふるさと公園からの浅間山(2020年4月19日夕方撮影)

軽井沢南ヶ丘パッシブハウス・森のカフェ🌿に来てくださった皆様 パッシブハウスにご興味を持ってくださった皆様

こんにちは。GLOBE ARCHITECTSの菊地宏子です。

春らしい気候になったかなと思っても、突然雪になって結構な量が積もったりと4月の軽井沢は気まぐれな空模様です。軽井沢の本当の春はまだほんのすこしだけ先のようですね。

1枚目の写真は、軽井沢南ヶ丘パッシブハウスから車で10分くらいの場所にある湯川ふるさと公園から見える浅間山。この日は快晴で気持ちよく日中は暖かかったのですが、浅間山の頂上付近は寒く積雪があったよう。とても美しい景色を私たちに魅せてくれました♡

さて今回のエッセイは〜〜Stay at Home のさなかに〜〜です。

家で過ごすことが増えている今日この頃です。今回はパッシブハウス建築からすこ〜し離れて、こんな時にこそ楽しめる暮らしのヒントについてお話しいたします。

2020年4月のレター🌿もぜひ最後までお付き合いくださいね。

***

【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス】レター4月号CONTENTS◆

🌿パッシブハウスエッセイ~~Stay at Home のさなかに~~

🌿軽井沢南ヶ丘パッシブハウスの見学会&個別相談会・森のカフェ🌿インフォメーション

🌿軽井沢南ヶ丘パッシブハウス内に、軽井沢アトリエ開設

🌿森のカフェ🍃のひょっこりはん🌿

***


🌿パッシブハウスエッセイ~~Stay at Home のさなかに~~

このところ暖かい日が続き、いつもより早い春の訪れを実感できる軽井沢です。 春といえば、桜のお花見や地域ごとに咲き誇る花を愛でたりと、一年のうちで最も季節感を感じられる季節。日頃インドア派の方も、この時期ばかりは春の陽気に誘われ出かけたい気分になる方も多いのではと思います。 そこに来て、〝stay at home〝です。 色々言い訳はあるのだと思います。たまには気分転換に外に出かけたい。子供のストレスが溜まっている。運動不足なので公園へ行って身体を動かしたい。地元のレストランだから、少人数で食事しても大丈夫。職場環境がテレワーク対応していない。お客様から呼ばれた。などなど各々の事情もあるのだと思います。私もその誘惑に負けそうになります。 それでも家にいなければならない。 いま医療現場の最前線でそれこそ想像を超えたストレスと″死″に向き合って懸命に業務に従事している方々は、先程の我慢と比べものにならない我慢を強いられている訳ですから。 幸いなことに、私の仕事である設計の仕事は、多くの時間1人でプランを考えたり製図したり模型をつくったりしている職業。打ち合わせはメールで図面を送り電話で打ち合わせしたり最近はZOOMを使用したTV会議でも業務に支障ないことが実際に体験してわかってきました。そもそもテレワーク的な働き方だったりするので、正直仕事でのストレスはほぼありません。 (お客様との対面でのお打合わせはこの時期難しいこともままありますが。。。) 皆様の状況はいかがですか。 くる日もくる日も家に居続ける生活はやはり息苦しいものなのでしょうか。 業務が忙しくて夜遅くまで働いている時には、早く家に帰りたい~!と思っていませんでしたか。日曜日の晩、明日からまた1週間会社に通うのが嫌だな~と考えたことはありませんか。 働き方改革が叫ばれて久しいですが、なかなか変われない日本の社会の仕組み。この世界的危機を皆で乗り切る為にも、暮らし方や働き方を見直して大きく前進(変革)させるチャンスに出来ないものかと最近考え始めています。 誰にも先が見えないこの状況。不安なことばかりでなかなか前向きに考えられない時期でもありますよね。私も同じです。 それでも家にいられるこの時期に家を中心とした暮らし方を充実させてみるのはどうでしょうか。 とっても前置きが長くなりましたね(汗) そこで今回は建築的なアプローチではなく、私の得意分野であるインテリアからのアプローチで暮らしを楽しくするヒントをご紹介させていただきます。 その1は気分をリフレッシュしてみよう~!です。(このコンテンツは今後も不定期で発信するかも知れません〜。) *** その1 気分をリフレッシュしてみよう~! これは私自身がわりとちょくちょく行うリフレッシュ法です。 家の中がかわり映えしないな~。気分を変えたいな〜という時に持ってこいなのが家具のレイアウト変更です。お金が一切かからないもの嬉しいです。 実は軽井沢のアトリエもこの一年弱の期間にすでに3回ほどデスク位置のレイアウト変更しています。(笑)

1.南面に向かってデスク配置

これが軽井沢アトリエ開設時のデスク位置です。

InstagramやFacebookページをフォローしてくださっている方は見たことがあるかも知れませんね。森を眺めながらお仕事できるのは最高です。

2.東面に向かってL型にデスク配置(壁面に向かって配置)

森のカフェ🌿を週末OPENしていると、1の位置だとカフェにいらっしゃるお客様の受付カウンターのような気が。さらに冬場になると太陽がダイレクトに窓から入るので眩しくなってきました。そこで東側の壁面に向けた位置に変更。壁面にはメモが貼り付けられたりと使い勝手がUPし、時折横を向いて森を眺めたり、、、。何より落ち着いてお仕事に集中できます。

3.西面に向かってデスク配置(壁面に向かって配置)

実は、2.東面の壁面は収納扉があり、収納が使いにくくなってしまいました。そこで現在は、西側の壁面にデスクを配置。この面は全て壁なので、デスクの両サイドに引き出し収納+プリンターを設置しました。さらに、壁面の上部天井にはピクチャーレールも仕込んであるのでパネルを吊ったり、そこに資料を貼り付けたりしています。横を向けば森が見えて、最終的にここに落ち着きました。(今のところ(笑))

タイトルはリフレッシュしよう〜!でしたが、どちらかと言えば使い勝手の良いレイアウトへの変遷になってしまいましたね(汗)


とは言え、

レイアウト変更でデスクの位置が変わる = 目線の方角が変わる(見える景色が変わる)

見える景色がほんのすこし変わるだけで、本当に不思議なのですが、気分や考え方が大きく変わるものなのです。これって、人生にも通じるな〜と思いませんか??ぜひ家具のレイアウト変更で気分をリフレッシュ!お試しくださいね。(ちょっとした運動にもなりますよ〜。)

ちなみに、、、このように自由にレイアウトが変えられるように住宅を設計しておくことは重要です。暮らし始めてみて「やっぱりこうしたい」とか、「生活スタイルが変わってしまった」(今の状況がまさにこれ!)など暮らし方に変化はつきものなのです。その時に、建築そのものを家具レイアウトまでガチガチに固定して設計しておくのはオススメできません。

パッシブハウスの大きな利点に、内部空間の自由度があります。パッシブハウスは外皮(建物の外壁)で建物丸ごとをしっかり断熱・気密、場所によって温度差もないので扉や仕切りも不要。そのため空間に自由度が生まれます。パッシブハウスはメリットだらけの建築メソッドなのです。


(あっ、、やっぱりパッシブハウスの宣伝になってしまいました〜!!)

***

🌿軽井沢南ヶ丘パッシブハウスの見学会&個別相談会・森のカフェ🌿イベント情報など

【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス見学会&個別相談会のご案内】

開催日時:2020年4月〜5月の見学会&個別相談会は6月以降に延期とさせていただきます。


開催場所:軽井沢南ヶ丘パッシブハウス


1組あたりのお時間は90分で予定しています。

基本的には毎月2回 土曜日の夕方16時から開催する予定です。


▽内容


・軽井沢南ヶ丘パッシブハウス内部と外部の見学と説明 

・パッシブハウスの概要説明 

・必要があれば個別のご相談など(なんでも聞いてください。)


一般の方向けの個別相談会です。形式にこだわらずにラフに行う予定ですので、

ご興味をお持ちの方はぜひお気軽にお申込みくださいね。 


▽お申込み方法


このアドレスにご連絡ください。こちらからの返信をもちましてご予約確定とさせて頂きます。興味があるだけで、パッシブハウスを建てる予定がない方でもOKです。お気軽にお申し込みください。 

▼パッシブハウスを建設希望の方の設計ご依頼について


パッシブハウスを建設予定の方で設計のご依頼やご相談などございましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ~。しばらくはメールや電話、またはfacebookのTV電話での対応とさせていただきますのでご了承くださいませ。

***

🌿軽井沢南ヶ丘パッシブハウス内に、軽井沢アトリエ開設しました。 昨年9月より、軽井沢での業務をスムーズに行う目的で軽井沢アトリエを開設いたしました。 GLOBE ARCHITECTS| 有限会社グローブ二級建築士事務所 軽井沢アトリエ 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1052-662         TEL:0267-46-8784 / 080-4008-8601 現在、パッシブハウス建築設計コンサルティングのお仕事は軽井沢アトリエを中心に行なっております。東京は、代官山オフィスとしてデザインのお仕事やその他のお仕事の拠点としております。 最近は、大変ありがたいことに軽井沢での設計のご依頼も頂くようになり、在軽比率が高まっています。社会の状況が平常に戻りましたら、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。

***

🌿森のカフェ🍃のひょっこりはん🌿

森のカフェ・マスターのタカです。 3月のご報告の時からみると、社会の状況が大きく変化しましたね。 森のカフェは当初の再開時期を遅らせ、店内の施設利用をやめてテイクアウトのみにして4月11日から再開しました。 ドライブスルー的に駐車場で受け渡し、スタッフはマスクと手袋を着用して商品受け渡し以外はソーシャルディスタンスを心掛けています。お客さまは車でお越しになってもマスクをしている方がほとんどです。手袋をされているお客さまもちらほらいらっしゃいます。 感染防止の意識が高いお客さまが、御来店いただいているのかなぁと思います。森のカフェは感染拡大防止策をしっかり行っていると認識していただけるようにしていきたいと考えています。 でも正直、売上は急降下。去年のゴールデンウィークのようなことはありません。 さて4月より森のカフェ🌿オリジナルブレンド珈琲豆の販売を始めました。 このような事態を予測したのではなく、4月の再開に向けて森のカフェオリジナルブレンドの開発をお休み期間中にしていました。熟達のロースターさんと試作と試飲を重ねて、豊かなコクがある深煎りの珈琲を作り上げました。深煎りにするとどうしても苦味が強くなりがちですが、そこは熟達ロースターの腕前発揮。苦味を抑えて甘みを感じていただけるオリジナルブレンドになりました。 挽きたての豆に静かにお湯を注ぎ、蒸らすこと30秒。ふわ〜っと甘い香りがしてきます。珈琲なのに甘い香り?と思うでしょう。

是非お試しください。 通販も承っております。 ▷▷▷森のカフェ🌿オリジナルブレンド珈琲豆販売▷▷▷ 140g入り袋 950円(税込) 3袋入りギフトボックス 3,000円(税込) 送料は800円(北海道、四国、中国、九州、沖縄は別料金となります。) 森のカフェ マスター宛にメール、インスタDM、お電話でご連絡くださいませ。 お待ちしています。 taka-k@eos.ocn.ne.jp https://www.instagram.com/morinocafe_karuizawa 森のカフェ🌿Tel.0267-46-8784

🌿森のカフェ 軽井沢南ヶ丘🌿営業案内

4月11日より営業再開しております。

感染拡大防止のため、ドライブスルー的テイクアウトで安全面に配慮して営業を行っております。


詳しくは下記のHPおよびFacebookページをご覧くださいませ。


https://www.karuizawacafe.com

https://www.facebook.com/morinocafe.karuizawa/?ref=bookmarks

*** 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。


人類は今世界的な危機に直面しています。

戦争を知らない世代が多くを占めているこの時代に、終わりの見えない戦い(まるで戦争のよう)に皆が不安と恐怖に向き合うことを余儀なくされています。一人一人が自覚を持って責任のある行動をとる。という当たり前のことをしっかりと実行するしかありません。


とにかく今できることをやっておく。家で居られる貴重な時間、与えられた日々を規則的な生活を心がけ大切に過ごしていきたいですね。

皆様もどうぞ十分にお気をつけくださいませ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

菊地宏子  GLOBE ARCHITECTS|有限会社グローブ https://www.globe-architects.com ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

43回の閲覧

© 2023 by Gracious Dwelling. Proudly created with Wix.com

  |   www.globe-architects.com   GLOBE ARCHITECTS  |  

  • Facebook Black Round
  • Instagram - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle