top of page
  • 執筆者の写真globe-architects

2023年4月【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス】レター🌿


「森のカフェ軽井沢南ヶ丘」からの眺め(5月2日撮影)

軽井沢南ヶ丘パッシブハウス・森のカフェ🌿に来てくださった皆様 パッシブハウスにご興味を持ってくださった皆様 こんにちは。GLOBE ARCHITECTSの菊地宏子です。 4月の軽井沢は気温の高い日が多かったせいか、今年は春の訪れがいつもより早く感じられました♪春の訪れを最も感じるのは、やはり庭の樹々の変化です。枝の穂先がほんのりピンクになると芽吹始めるサイン。暖かい日のあとに雨が降り、また暖かくなるを繰り返すと、樹々は一斉に花を咲かせたり新芽が出始めます。毎年の事ですが、長い冬が終わり新緑の季節がはじまるのだな〜と嬉しくなります^ ^ さて今月のエッセイは〜〜「軽井沢_愛犬と暮らす家」断熱・気密施工〜〜をお送りします。4月は暖かく良いお天気に恵まれ軽井沢の現場も順調に作業が進みました。外部では付加断熱材の施工。室内では、充填断熱・透湿気密シートの施工、そして天井の断熱材の施工が完了しました。 2023年4月のレター🌿ぜひ最後までお付き合いください。 *** ◆【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス】レター4月号CONTENTS 🌿今月のエッセイ〜〜「軽井沢_愛犬と暮らす家」断熱・気密施工〜〜 🌿森のカフェのひょっこりはん🌿 🌿森のカフェ 軽井沢南ヶ丘🌿営業案内 *** 🌿今月のエッセイ〜〜「軽井沢_愛犬と暮らす家」断熱・気密施工〜〜 ◇充填断熱(室内)    


この赤いものが #グラスウール です。 ハウスメーカーなどでは『袋入りのグラスウール』を使用するのが一般的だそうですがパッシブハウスではこのはだかのグラスウールを充填していきます。柱間に隙間なく綺麗に充填しています。 ◇透湿気密シート施工(室内)    


グラスウールの充填が終わると透湿気密シートを張り込みます。 この現場では #INTTELLO という製品を使用しています。 ◇天井断熱(室内)     天井断熱材もグラスウールですが、壁面に使用した板状のものではなく細かく粉砕したものを機械で吹き込む #ブローイング という方法で行います。GLOBE設計の現場では通常この方法を採用しています。

材料はこのように袋づめされています。#superfil という製品です。 この材料を車両に搭載された機械を使い、管を通して天井内に吹き込みます。


天井にはグラスウールの吹き込み厚さ450mm分下げた木下地を設置。 ここに吹き込み用の紙を貼ります。

紙を貼った状態。(この紙は気密シートではないです。)





管を使ってグラスウールの吹き込みです。専門の業者さんが手際よく作業を進め半日で終了。紙の中にパンパンに詰まったグラスウール。見ただけで暖かそう! ◇付加断熱(外部)     外部は木軸に構造用合板を貼り付けた後に付加断熱を施工していきます。 素材は屋根の付加断熱で使用した #ネオマフォーム です。外壁も2層のネオマを施工します。


まずは1層目。屋根は1層目に木下地を挟みましたが、 外壁は厚さ90mmのネオマを隙間なく張り込み。


2層目。2層目は次の通気層の木材を止めるための木下地を@910ピッチで入れます。


実際にはこの後に透湿防水シートを張り込みしっかり防水。 その上に通気層(兼、外壁下地)を作っていきます。 次号へ続く・・・ *** ▼パッシブハウスを建設希望の方の設計ご依頼について パッシブハウスを建設予定の方で設計のご依頼やご相談などございましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。 https://www.globe-architects.com のコンタクトページからメッセージにて必要事項をご記入の上送信してください。数日内にお返事をいたします。 なお、設計のご依頼につきましてはお時間に余裕を持ってのご相談をお願いいたします。設計の着手については、今のところ早くても2024年春以降からとなります。また弊社のパッシブハウスは、温熱環境設計・構造設計・意匠設計をトータルでしっかり行うため着手後、設計期間(約6〜8ヶ月)+申請期間+施工期間(約6~8ヶ月)ほどかかりますこと何卒ご了承くださいませ。 *** 🌿森のカフェ🍃のひょっこりはん🌿 森のカフェ・マスターのタカです。 軽井沢は新緑の季節になってきました! 昨年のちょうど今頃、桜の満開の時期が過ぎて葉桜になってきましたとお伝えしましたが、今年は2週間以上前に葉桜の時期が過ぎ、今は樹々の芽吹きが眩しくて新緑が楽しめるくらいになってきました。毎年、暖かくなるのが少しずつ早くなってきているのを実感しています。桜の咲く時期が色々なイベントと重なるので、より一層感じるのでしょう。軽井沢でも入学式は桜の樹の下で行われるようになってしまいそうな勢いです。 4月は寒暖の差が大きい日が続きました。朝方は0度前後でも日中には15度を超える日も珍しくありません。こういう寒暖の差が大きい中間期でもパッシブハウスはあまり室温の変化がありません。そうはいってもちょっと肌寒く感じる時(朝方など)もありますので、その時は昨年8月後半に設置されたエアコンの出番となります。朝起きて1〜2時間程度動かしたらもう大丈夫。薪ストーブをつけるほどでもないかなぁ、という時にスイッチひとつでON-OFFできるエアコンはやっぱり便利ですね。 森のカフェは4月に4周年を迎えることができました。4周年って、ちょっと中途半端な感じがあって、特段のイベントや告知は行いませんでした。それでも振り返ればコロナで営業できない時もありましたし、テイクアウトに活路を求めたりなど、色々なことがありました。いつも来ていただけるお客さま、ふらっと立ち寄られたお客さま、インスタやフェイスブックで応援して頂いている方、食材などのサポートをして頂いている方などに支えられてなんとか5年目に入ります。ほんとうにありがとうございます。体調に気をつけて今年も元気に森のカフェを続けて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 どうかお近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。お待ちしています。 ▷▷▷森のカフェ🌿オリジナルブレンド珈琲豆販売◁◁◁ オリジナル珈琲が人気です!! 親しい方へのギフト、自宅でのカフェタイムにいかがでしょうか。 140g入り袋 1000円(税込)*価格改定いたしました! 3袋入りギフトボックス 3,150円(税込) 送料は800円(北海道、四国、中国、九州、沖縄は別料金となります。) 森のカフェ マスター宛にメール、インスタDM、お電話でご連絡くださいませ。 お待ちしています。 taka-k@eos.ocn.ne.jp https://www.instagram.com/morinocafe_karuizawa 森のカフェ🌿Tel.0267-46-8784

森のカフェでは5月よりお食事メニューをプチリニューアル! トミーズのあん食にバターをたっぷり塗ったアンバターが登場します。 🌿森のカフェ 軽井沢南ヶ丘🌿営業案内  今後の営業日など詳しい情報は、下記のHPおよびFacebookページをご覧くださいませ。 https://www.karuizawacafe.com https://www.facebook.com/morinocafe.karuizawa/?ref=bookmarks ***

太陽高度が上がり日差しも強くなってきた軽井沢南ヶ丘パッシブハウス 軽井沢は4月末のGWの開始とともに、リゾートシーズンに入りました。 今年は桜の開花も早く4月末で新緑もちらほら芽吹き始め美しいシーズンの始まりでもありますね。

軽井沢へお越しの際には、ぜひお気軽に森のカフェへお立ち寄りくださいね〜。 今月もレターにお付き合いいただきましてありがとうございます。 来月またここでお会いしましょう! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  菊地宏子  GLOBE ARCHITECTS|有限会社グローブ https://www.globe-architects.com ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

閲覧数:51回0件のコメント
bottom of page