top of page
  • 執筆者の写真globe-architects

2023年6月【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス】レター🌿


お客様がお帰りになった後の「森のカフェ」特等席。贅沢な時間です。



軽井沢南ヶ丘パッシブハウス・森のカフェ🌿に来てくださった皆様

パッシブハウスにご興味を持ってくださった皆様



こんにちは。GLOBE ARCHITECTSの菊地宏子です。


6月に入ると梅雨入り。しかし今年は晴れの日も多く暑い日も多かったような気がします。

年々春が短くなり、夏が長ーくなっていますよね。急な温度上昇と湿度に身体がついていけない今日この頃です。皆様もご自愛くださいね。


さて、今月も #軽井沢_愛犬と暮らす家 の工事が進みます。6月は #太陽光パネル の設置工事が行われました。今月のレターは太陽光パネルの設置状況と発電量予測についてお送りします。


2023年6月のレター🌿ぜひ最後までお付き合いください。

***



◆【軽井沢南ヶ丘パッシブハウス】レター6月号CONTENTS


🌿今月のエッセイ~~「軽井沢_愛犬と暮らす家」太陽光パネル設置と発電量予測~~


🌿森のカフェのひょっこりはん🌿


🌿森のカフェ 軽井沢南ヶ丘🌿営業案内


***



🌿今月のエッセイ~~「軽井沢_愛犬と暮らす家」太陽光パネル設置と発電量予測~~


「軽井沢_愛犬と暮らす家」には屋根上に #太陽光パネル (6.4kw)を搭載。

室内には #ニチコン#蓄電池 (7.4kw)を設置します。


軽井沢はエリアによっては一年を通して度々停電が起こる地域。ひどい時には復旧に2~3日かかることもあります。元々軽井沢に拠点をお持ちだったお施主様はその事情もよくご存知で、太陽光発電で創エネするだけでなく停電時にはしっかり対応できる蓄電池をご希望されました。


◇屋根のガルバリウム鋼板葺き   



太陽光パネルの設置を考慮し屋根材はガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きとしました。こうすることで太陽光パネルを設置の際にガルバリウム鋼板に穴あけをせずに設置が行えます。カラーは熱を吸収しやすい燻し銀色。寒冷地では屋根の色味は濃い方が温熱的にも有利になります。


◇太陽光パネルの設置   


太陽光パネルが設置された状態。屋根の端にバランス悪く乗っているのが不思議ですよね。理由は後ほど説明します。



縦ハゼの突起部分に噛む形で取り付く支持金物。しっかりと太陽光パネルを屋根に固定しています。このように挟めるのは縦ハゼだけ。この突起部分がないと屋根材に打ち付ける方法となり雨漏れリスクも高まりますので注意が必要です。

パネルから延びる配線ケーブル。屋根から軒裏へ回ったケーブルはすぐ外壁から建物内に配管(隠蔽配管)されます。パネルを設置の際には、この配管経路を考慮して室内側の配線層をしっかり確保しておくことが重要です。

太陽光パネル設置が終わり足場が外れ建物形状がはっきり現れました!

工事もいよいよ終盤に差し掛かってきました。


◇太陽光パネルの説明   


改めて屋根上の太陽光パネルについて説明をしましょう。

屋根の右上にパネルを配置しています。

図の下側が南面。

西下り・2寸勾配の片流れ形状の屋根ですので西向き設置ということになります。

既にお気づきの方もいらっしゃると思います。


そうです南面の中央部に煙突がありました!上図が煙突の影の影響のシュミレーションです。この影の影響を最小に抑えるために右端に配置したという訳なのです。赤の表示は夏至の影響。青の表示が冬至の影響になります。冬至(太陽高度が低く最も影が長くなる日)午後3時に一部のパネルが影になる以外は影の影響を受けずに発電してくれそうです。また西側に常緑の高木があるため左側の屋根には一部影が出る部分がありました。パネルは一部分でも影になることで発電効率が大きく低下します。そのため、周辺環境をしっかり調査した上でパネルの設置位置を決定することになります。


それから忘れてはいけない最も重要なこと<太陽光パネルの荷重>です。


今回のパネルの総重量は約360kg。設計を行う際にはにこの重量を考慮した上で建物の強度を計算、構造設計をしなければなりません。まあ、いうまでもなく常識ですね。


◇太陽光パネルの発電量予測   


長野県は日射量が豊かな地域です。特にここ軽井沢のある東信地域は晴天率も高くパッシブハウス(ソーラーパネル)に適した地域であると言えます。

上の図①は太陽光パネルメーカーさんの作った発電量予測です。3月頃から5月をピークに、8月まではしっかり発電する見込みになっています。年間の発電量予測は7,150kwhと予測されました。

上の図②はPHPP(パッシブハウスプランニングパッケージ)による発電量予測です。月ごとの発電量を見るグラフはほぼ同じ形状をしています。しかし年間の発電量予測は5,760kwhと予測されました。約20%減の予測です。(図には明記されていませんが)

このグラフの大きな違いは周辺環境を正確に捉えているかどうかになります。

PHPPの場合には、先ぼどパネル設置の際に説明した西側の高木や南面にある建築物などの影の影響、光の反射など全て計算上考慮しています。そのため、よりシビアな数値になっているのです。


とはいえPHPPでの発電量予測の5,760kwhという数値は、一般家庭の平均年間消費量3~4人家族で4,000~5,000kwhと言われていますので十分足りる数値です。しかもパッシブハウスはこの使用量より遥かに少ない消費量になります。


そこで蓄電池の出番となります。実は現在ハイブリッド車をお持ちのお施主様。今後も二拠点での暮らしになりますがその移動にはハイブリッド車を利用する予定です。(いずれはEVになる可能性も!)余った電力は一旦蓄電池に溜め、車に充電し移動に使用することが可能となります。もちろん停電時には車両への充電より優先することになります。


さて、今回は太陽光パネルの設置の注意点や位置の決め方、発電量シュミレーションと創エネの利用法について書きました。太陽光パネル設置の費用がかなり安価になり、電気代が高騰している昨今。興味をお持ちの方も多いかなと思いテーマに取り上げてみました。それぞれのライフスタイルに沿ったプランを見つけてサステナブルな暮らしをしていきましょう!


次号へ続く・・・

***


▼パッシブハウスを建設希望の方の設計ご依頼について


パッシブハウスを建設予定の方で設計のご依頼やご相談などございましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。


のコンタクトページからメッセージにて必要事項をご記入の上送信してください。数日内にお返事をいたします。


なお、設計のご依頼につきましてはお時間に余裕を持ってのご相談をお願いいたします。設計の着手については、今のところ早くても2024年春以降からとなります。また弊社のパッシブハウスは、温熱環境設計・構造設計・意匠設計をトータルでしっかり行うため着手後、設計期間(約6~8ヶ月)+申請期間+施工期間(約6~8ヶ月)ほどかかりますこと何卒ご了承くださいませ。



***

🌿森のカフェ🍃のひょっこりはん🌿


森のカフェ・マスターのタカです。


6月は梅雨シーズンですね。今年の軽井沢は雨が長く続くことはあまりなくて、夜のうちに降って昼は晴れる日が多かったように感じます。例年のような梅雨寒い日は少なく、ジメジメ、蒸し暑い日が多い今年の梅雨です。でも、大丈夫!今年はエアコンがありますので、除湿したり冷房したりと手軽に調整しています。少し稼働させると効果はすぐに体感できます。パッシブハウスのいいところですね。


森のカフェのお庭に植栽を増やしました。森のカフェに来ていただいているお客さまにもっと緑を感じていただき、目の前の道路をお散歩されている方を気にしなくていいようにしたいなぁと思っていました。梅雨時期の植栽は樹木にもいいようです。


これまでは、ちょっと大きなフラワーショップや産直市場でちょこちょこ買っては自分で植えていました。費用をかけている割には、イマイチ感がありました。


今回は妻が建築のお仕事で紹介いただいた、嬬恋の造園会社にお願いしました。冬場に嬬恋の植栽畑まで見に行き木を選んだのですが、広大な植栽畑で見ていても庭に植えた時のイメージがなかなか掴めなくて、直感で選んでしまいました。

見事、直感大当たり!カフェの窓から見ても、道路から見ても格段に良くなりました。秋になると紅葉する木も何本かありますので楽しみです。


そして待ってました。あんずのシーズン到来。長野県の杏の産地といえば、千曲市です。千曲産のあんずはブランドになっていて、生で食べるハーコットという品種は人気があってなかなか入手できません。今年も5月から早々と予約をしてしっかり確保することができました。今週からあんずを使ったスィーツをお出ししています。


どうかお近くにお越しの際は森のカフェへお立ち寄りくださいませ。お待ちしています。


▷▷▷森のカフェ🌿オリジナルブレンド珈琲豆販売◁◁◁


オリジナル珈琲が人気です!!

親しい方へのギフト、自宅でのカフェタイムにいかがでしょうか。


140g入り袋 1000円(税込)*価格改定いたしました!

3袋入りギフトボックス 3,150円(税込)

送料は800円(北海道、四国、中国、九州、沖縄は別料金となります。)


森のカフェ マスター宛にメール、インスタDM、お電話でご連絡くださいませ。

お待ちしています。


森のカフェ🌿Tel.0267-46-8784

杏シーズンに入りました!美味しい杏スイーツをご用意しております^^


🌿森のカフェ 軽井沢南ヶ丘🌿営業案内 


今後の営業日など詳しい情報は、下記のHPおよびFacebookページをご覧くださいませ。


***



先日 森のカフェに新しい仲間がやってきました!


これまで市場やshopなどで小さな樹木を見かけてはちょこちょこ植えていました。

中庭に季節を楽しめる大きめの樹木が欲しくて、庭づくりのプロに株立のイロハモミジとカマツカを植えていただきました。

他の樹木が8~10mほどもあり小さく見えますがH3m/W3mほどの立派なサイズ。

この他に道路側にはニシキギとドウダンツツジなど合計15本の仲間が増えました。

造園会社の方が4名ほどいらしてテキパキと。午後までかかり丁寧に施工していただきました。梅雨の時期には雨がまとまって降ってくれたおかげで水やりする手間もなく今の所元気な様子です。森のカフェの地にしっかり根付いてくれると良いな~。


さて今月もレターにお付き合いいただきましてありがとうございます。

来月またここでお会いしましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

菊地宏子 

GLOBE ARCHITECTS|有限会社グローブ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

閲覧数:56回0件のコメント

Comments


bottom of page